×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

淋病【りんびょう】【りんびょう】症状・治療法・検査薬

淋病【りんびょう】症状・治療法・検査薬

淋病【りんびょう】とは?
淋病の効果的な治療・
症状と予防方法を紹介

  

淋病【りんびょう】症状・治療法・検査薬 | クラミジア【症状・薬・治療法・検査薬】 | 【さら金】キャッシング即決!

ペニス増大法(ペニス大きく・ペニス太く) | 「イカせる!」前戯愛撫テクニック裏技 | TENGA【テンガ】!オナカップの革命児!

古代より性病の代名詞として活躍してきたのが淋病【りんびょう】です。旧約聖書のレビ記の中にも淋病について書かれているくだりがあります。

もし、尿道の炎症による漏出があるならば、その人は汚れている。漏出による汚れは以下の通りである。尿道から膿が出ている場合と尿道にたまっている場合。以上が汚れである。漏出のある人の寝床や腰掛はことごとく汚れている。

その寝床に触れた人は自分の衣服を水洗いし、身を洗う。その人は夕方まで汚れている(レビ記15章1-2)
他にも旧約聖書の民数記にも淋病【りんびょう】に関する記述がありますが割愛します。
性病検査キット STD-10(女性用)【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】性病検査キット STD-10(女性用)
19,950円
自宅でできる簡単性病検査キット

Ads by 電脳卸

淋病【りんびょう】とはどんな病気?

淋病【りんびょう】はNeisseria gonorrhoeae(淋菌)を病原菌とする性感染症で尿道からでた膿のなかの白血球内にみられます。

淋病【りんびょう】
感染は患者粘膜からの浸出物により起こり、感染は殆どが性交により起こります。肛門、直腸にはアナルセックスにより、口腔、咽頭にはオーラルセックスにより淋病【りんびょう】感染しますが、菌の抵抗性は極めて弱いので、便座、タオル、コップなどの接触で淋病【りんびょう】感染することは殆ど無いと言われています。

淋菌は、体温と同じ温度ぐらいでしか生きられないため、体外へでたら数時間で死滅してしまいますので、性行為以外での淋病【りんびょう】感染はほとんどみられません。

性行為以外でしたら母子感染ぐらいですが病院では出産前に検査をしますので母子感染も近年では稀ですね。それと、感染者の使用物からの淋病【りんびょう】感染はありません。

昔は、不治の病でしたが、ペニシリンが発明されてから続々と出てきた抗生物質にって今では淋病【りんびょう】は簡単に直りますので早期治療を。

淋病【りんびょう】の症状とは?

淋病【りんびょう】感染してからの潜伏期間は、3〜7日で急激に症状を表してきます。男性の場合は、尿道炎、尿道から黄色い膿がでたり、排尿時に激しい痛みを伴います。放置していると、前立腺炎など重症になることもあり自己治癒はありません。

女性の場合の淋病【りんびょう】の自覚症状は子宮頚管炎を起こしたり、排尿時に痛みを伴います。男性に比べて自覚症状が軽いためわかりづらい初期症状となってます。

淋病【りんびょう】を放置しておくと子宮頚管炎が悪化して、子宮内から卵管内へと広がり、不妊症の原因となる場合もあります。それと女性の場合、淋病【りんびょう】の症状が表れないケースが半数以上あり、パートナーに症状が表れて淋病【りんびょう】感染していることがままあります。

最近では、オーラルセックスの広がりにより軽度の咽頭痛、咽頭の発赤などの淋菌性口内炎が淋病【りんびょう】の症状としてあらわれる場合もあります。

淋病【りんびょう】は他の性病に比べて男性の場合、淋病【りんびょう】の自覚症状がはっきりとでやすいため感染しているか自己判断がつきやすく、しかも、症状が感染から数日ででるため感染源の特定も容易なのに撲滅されずにいまだにしぶとく生き残ってるのが淋病【りんびょう】の不思議な特徴です。

淋病【りんびょう】の効果的な治療とは?

淋病【りんびょう】治療の第一選択薬は、梅毒同様にいまでもペニシリンです。
 
ペニシリン系抗生物質に耐性を有する菌が増加しているのは確かですが、やはり一番感受性を示し淋病【りんびょう】治療薬として最も有効と考えられるものはペニシリン系抗生物質に他なりません。

このほかセフェム系抗生物質やアミノグリコシド系抗生物質なども使用されますが、淋病【りんびょう】の第一選択薬としてはペニシリン系抗生物質が最も使用されています。

 なお、男性に比べて女性では一般的に淋病【りんびょう】治療が困難であるといわれ、投薬量は男性の倍が必要であると考えられています。

したがって、彼氏もしくはご主人の淋病【りんびょう】治療が1週間で済んだとしても、だからといってあなたも1週間で良いというわけにはいかないことは知っておいた方が良いでしょう。

きちんと医師に言われたとおりに淋病【りんびょう】内服薬を服用するように心がけましょう。


淋病【りんびょう】症状・治療法・検査薬 | クラミジア【症状・薬・治療法・検査薬】 | 【さら金】キャッシング即決!

ペニス増大法(ペニス大きく・ペニス太く) | 「イカせる!」前戯愛撫テクニック裏技 | TENGA【テンガ】!オナカップの革命児!

Copyright (C) 淋病【りんびょう】症状・治療法・検査薬 All Rights Reserved.